« もうすぐ春です | トップページ | GPS »

2005年2月26日 (土)

浅田次郎

覚えられないルビに閉口しながらも「浅田次郎・蒼穹の昴」を読み終えた。
実は中国史への馴染みのなさのせいか、なかなかのめり込めなくて読み出してから1月以上放ってあったのだが、急にギアが入った感じで一気呵成に読み終えた。(登場人物がわかってきてからは難しい漢字やルビは無視)
大作を読了した満足感は大きい。
大満足の後に比較することではないのだろうが、その前に読んだ「壬生義士伝」の方がまとまり感や涙腺刺激度は上のような気がした。
この人のあざといくらいの「泣かせ」は好き嫌いもあるだろうが、涙腺刺激度は「壬生義士伝」が勝っていた。その延長線上で読み出したから戸惑ったのかな? スケールの大きさは圧倒的に「蒼穹の昴」……中国○○年の歴史を勉強したくなる程の壮大さだ。
この人、「鉄道員」のイメージが強かったのだが、いろんなスタイルの作品があるようだ。
さてさて、次は何を読もう。
浅田次郎は大作を続けて読んでしまったからこれとの比較になってしまうだろうなあ。それもなんだかもったいないかな?
「日輪の遺産」や「歩兵の本領」、「珍妃の井戸」等も気になるが、ちょっと間をあけようか。

|

« もうすぐ春です | トップページ | GPS »

コメント

トラベエさん今晩は
 4人目の孫が予定日を大幅に超えて先日やっと無事に産まれました。しばらく山歩きも出来ません。さて最近「歩兵の本領}を読みましたが、連続短編集の形態で結講面白かったです。萬朶の櫻か襟の色のメロデイはメーデーの歌と同じですが、歩兵の歌が本家です。自衛隊が帝國陸軍の伝統を(良いにつけ悪いにつけ)相当に受け継いでいることを始めて知りました。以前に何かで読んだ記憶によればとに確か襟障の色が兵科ごとに細分されていたのは、昭和12年頃までではと思いましたが。私の幼児期に帝國陸軍の戦車隊を見たことを微かに微かに憶えています。

投稿: 首村 紀夫 | 2005年2月27日 (日) 00:09

首村さん、こんにちは。
4人目のお孫さん、おめでとうございます。
首村さんも浅田次郎をお読みですか。
「歩兵の本領」は短編集で自衛隊と帝國陸軍の関係等にも触れられるんですね。
ふーむ、そのうちに読んでみます。

> 私の幼児期に帝國陸軍の戦車隊を見たことを微かに微かに憶えています。

ふーん、そうなんですかぁ。
私は戦後生まれのせいか、軍隊というのがピンとこないのですが、年代によって軍隊への印象って色々あるんでしょうね。

投稿: トラベエ | 2005年2月27日 (日) 15:43

トラベエさん今晩は。
初めてメールをお送りします。
浅田次郎さんのことが書かれていたので、思わずメールを書かせていただきました。小生も「壬生義士伝」から読み始めましたが、「プリズンホテル」(これはヤクザ屋さんの話。プリズンホテル→秋→冬→春の順番で話が続きます)と「天切松闇語り」(これはドロボウさんの話)がとても面白かったです。両方ともアウトローなりの正義を通そうとしているところが共感でき、テンポの良い語り口が心地よかった。気が向きましたら是非ご一読ください。

小生も赤城山のふもとに住んでいる関係で、2003年からトラベエさんの山行記録を参考に赤城山の良さを再確認し(冬山を登る実力がないので)夏の間に月1~2回位赤城山にお邪魔してます。現在は、トレーニングがてら始めたマラソンにはまっていますが、今年の夏には久しぶりに富士山にでも登ろうと考えています。今後も楽しいホームページを続けてください。楽しみにしています。

投稿: ハーフランナー | 2005年2月27日 (日) 20:40

ハーフランナーさん、こんばんは。
書きこみ、ありがとうございます。
「プリズンホテル」に「天切松闇語り」ですね。了解(^^)
ハーフランナーさんは赤城山のふもとの人ですか。それじゃ山岳マラソンに挑戦?(^^)
富士山も頑張ってくださいね。
好き勝手にやっているホームページですが、感想等を聞かせて貰えると励みにもなります。
また、気が向いたらお書きこみください。
これからもどうぞよろしく。

投稿: トラベエ | 2005年2月27日 (日) 21:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浅田次郎:

« もうすぐ春です | トップページ | GPS »