« 月末 | トップページ | 蛤のお吸い物 »

2005年3月 1日 (火)

きんぴか注文

浅田次郎にちょっとはまってます。
先日、ここで「蒼穹の昴」を読んだと書いたら、おすすめ本のご紹介もいただきました。
「浅田次郎」ってアマゾンで検索してみたら、「きんぴか」が読みたくなりました。
これは「泣きの浅田」じゃなくて「笑いの浅田」らしい。
うん、今日の気分は重いのより軽めが良いのだ。
実は夏目漱石「こころ」の再読にも心が揺れたのだが、何故か浅田次郎「きんぴか」の注文……夏目漱石と浅田次郎、脈絡がないなあ(^^;
ま、他人の心ってわからないものです(^^;(あっ、他人じゃなかった、自分の心だ)

|

« 月末 | トップページ | 蛤のお吸い物 »

コメント

トラベエさんはよく本読みますね
浅田次郎を一冊も読んだ事ないので読んでみようかな、という気にさせられます
ところで、漱石の「こころ」
ああ言うのは若いときでないと読めない本の気がしていましたが、
トラベエさんは心が若いのかな?(^^)

投稿: えみ丸 | 2005年3月 1日 (火) 20:09

えみ丸さん、こんばんは。
浅田次郎、いっぱい読んでいるというわけではないのですが、同年代の人なのでなんとなく通じるものを感じます。
何冊か読んだなかでは「壬生義士伝」に一番泣かされました。
今回は泣きたくはないので笑い系らしい「きんぴか」を注文してみたのですが、どうなんでしょう?
「こころ」は若いときでないと読めない?……若いときに読んだような読まないような……記憶が曖昧だったのでどういう本だっけ?と思ったのです。
そっか、無意識に老いの恐怖で若さに憧れたのかな(^^;

投稿: トラベエ | 2005年3月 1日 (火) 22:03

私は図書館派。
同じく脈絡なく借りてきます。

隣町の富士見町の図書館が、人口比率での貸し出し日本一の図書館だんです。
今日、久しぶりに行って来ました。

前から三浦綾子の氷点を読みたくていましたが、図書館で見当たらず文庫本を買って読んだんです。

読み終わって続氷点が読みたくて図書館に行ったら、全て揃っていました。

投稿: ミセスハイジ | 2005年3月 3日 (木) 20:17

ミセスハイジさん、こんばんは。

一時期、翻訳物ミステリを図書館から借りてきて読んでいた時期があったのですが、今となっては何を読んだのかも定かでないんです。
読書記録でもつけておけば良かったです。

「氷点」、むかしむかしに読んだような……内容は全く覚えてないです(^^;
内藤洋子が主役を演じたテレビがあったような記憶……いつのことなんだろう?

図書館は文庫が2巻までしかでていなかった「バッテリー」(最近、第3巻が出ました)の続きが読みたくて、児童書コーナーへ行ったのが最後だなあ(半年前?)

また、図書館通いをしてみようかな。

投稿: トラベエ | 2005年3月 3日 (木) 21:44

トラベエさんこんばんは。ハーフランナーです。
2回目の書き込みをさせていただきます。
本日(3月4日)小生の居る赤城山麓は、午前中、雪かきが間に合わないくらい降りました。午後は薄曇で、霧が出てきて、アスファルトの路面はかなり溶けました。渋川方面に降りてみると雪の痕跡はなく、「午前中の雪かきはなんなんだ~」と住んでいる環境をウラメシク思う今日の天気でした。
さて、トラベエさんは「きんぴか」を読まれるそうで、読み終わりましたら、是非とも感想をお願いします。小生も、ミセスハイジさんと同様、図書館派ですので、読んだ本はほとんど手元にありません。
「きんぴか」は読んだつもりですが、記憶にないので、面白そうなら、また読もうと思っています。
他にも面白そうな本があれば、紹介してください。
今後も、お邪魔させて頂きたいと思います。

投稿: ハーフランナー | 2005年3月 4日 (金) 22:19

ハーフランナーさん、こんばんは。
雪かき、ご苦労様でした。
午後、富士見の畜産試験場付近へおそるおそる行ったのですが、雪の量は肩すかし状態でした。
やっぱり、春が近いのでしょうか。
「きんぴか」3部作、昨日届きました。
昼休みにちょっと読み出したのですが、なかなか面白そうです。
天候不順の週末にでも読んでみましょう。

投稿: トラベエ | 2005年3月 4日 (金) 23:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: きんぴか注文:

« 月末 | トップページ | 蛤のお吸い物 »