« 椎間板がない? | トップページ | 連休用の本、物色中 »

2005年4月24日 (日)

みんなちがって、みんないい

今日は腰痛さんとのおつきあいで外遊びもままならず、本を読んだりCDを聴いたりの休日です。いやあ、一日家にいると本もいっぱい読めます。

あまり集中するとこれまた腰に悪いかな(^^;
気分転換にパソコンさんとおつきあい、これまた、腰に悪い?……困ったものです(^^;

今日、読んでいた本……勇気凛々ルリの色(浅田次郎)、ブランコのむこうで(星新一)、バッテリーⅢ(あさのあつこ)

一日に3冊となると、ジャンルの違い、文体の違いが顕著。これはこれで面白いものですね。

「みんなちがって、みんないい」のですが、浅田次郎のエッセイは歳の近さ等も影響するのか、一番読みやすかったです。そして、ベストセラー作家って決してシンデレラ・ボーイじゃないって当たり前のことがよくわかります。努力と才能、半端じゃないです。

星新一のこの本はファンタジー小説というのかな? ショート・ショートを想像していたのでちょっと戸惑いました。ストーリー展開に「星の王子様」を連想。代表作、「ボッコちゃん」ってどんな本だったかなあ?機会があったら読み直してみましょう。

「バッテリーⅢ」自体は前に読んでいるのですが、「バッテリーⅢ」内の文庫書き下ろし「樹下の少年」に興味があって文庫を買ってありました。個性的なボキャブラリ、センテンスで新鮮でした。単行本の方はⅥで完結したのかな? Ⅴまでは読んでいるのですが、文庫化を待つか、買うor借りて読もうか……これが今日の最大の悩みです(^^;

|

« 椎間板がない? | トップページ | 連休用の本、物色中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みんなちがって、みんないい:

« 椎間板がない? | トップページ | 連休用の本、物色中 »