« 赤城・長七郎山 | トップページ | ざんげの値打ちもない »

2005年6月12日 (日)

阿刀田高

昨日のことです。
ほこりをかぶった昔の文庫本を眺めていたら「阿刀田高」の本が目にとまりました。
図書館や本屋へ行くのも面倒だったので(天気悪かった)、数冊有った「阿刀田」本をパラパラめくって「冷蔵庫より愛をこめて」というのを読み出しました。
短編18編の収録、ブラック・ユーモアで味付けされたこわ~い?お話です。

「阿刀田高」の著作が数冊有るということは熱中して読んだ時期があるはずなのに……18編中7編まで読んだけれど、まったくストーリーに記憶がない(^^;

阿刀田高の「奇妙な味」もさることながら私の脳味噌も相当こわいです。
残り11編、かすかにでも記憶のあるストーリーは出て来るのだろうか???

|

« 赤城・長七郎山 | トップページ | ざんげの値打ちもない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阿刀田高:

« 赤城・長七郎山 | トップページ | ざんげの値打ちもない »