« 川上健一 | トップページ | 大峰山 »

2006年4月29日 (土)

99%の誘拐・岡嶋二人

406274787199%の誘拐
岡嶋 二人
講談社 2004-06

by G-Tools

岡嶋二人の「99%の誘拐」を読みました。
「前に読んだかな?」とも思ったのですが、読み出してもストーリーが蘇ってこなかったから、はじめてだったような?(^^;

だいぶ前の作品らしいですが、緻密な構成で飽きません。ワクワクと一気読みしました。
ただ、こういう本の宿命?で読んでいるときは楽しいのですが、読後に残るものは希薄です。

この人(人達と言った方が適切? 二人の共作)の作品を何冊か読んだ時期があったのですが、全て忘却の彼方。
ウン? これって読後の印象が希薄なのじゃなくて、私の健忘症が激しくなったってことかな(^^;
黄ばんだ文庫本(チョコレートゲーム、とってもカルディア、クラインの壺)があったので、暇な時間に、また、読んでみようかな?

今日は大型連休の渋滞予想に恐れをなしながら、そんなことを思ったのでありました。
まあ、私はカレンダー通りのお休みだから大型とは言えないのかな?
「大型連休に豪遊」なんてのは夢のまた夢ですから、この休みにも「ささやかなワクワク感、ドキドキ感」が味わえたら望外の喜びでございます。

連休の人も、そうでない人も、風薫る季節を存分にお楽しみください(^^)

|

« 川上健一 | トップページ | 大峰山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 99%の誘拐・岡嶋二人:

« 川上健一 | トップページ | 大峰山 »