« がんばれ自炊くん! | トップページ | 赤城・鳥居峠 »

2007年5月 6日 (日)

魂の森を行け

4797671157 魂の森を行け―3000万本の木を植えた男の物語
一志 治夫
集英社インターナショナル 2004-02

by G-Tools

サブタイトル「3000万本の木を植えた男の物語」
一志治夫ってスポーツジャーナリストだっけ? サッカー日本代表選手・都並敏史の物語を読んだことがあったなあ。
ということはノンフィクションだよね。何処かで好意的な書評を読んだような気がするけど……この本のことかどうかは定かではありません。
ま、身銭を切るわけじゃないから(図書館の本です)、とりあえず借りておこう。

一志さんの文章スタイルもあるのかなあ? グイグイと引き込まれて一気読みしました。
本の内容は森を作るために地球規模で植樹を続ける「宮脇昭」さんの破格の人生と主張を丹念に描いたノンフィクションです。

本の中に何回も出てくる【鎮守の森】という言葉が興味深いです。
一志さんの独特の文章もとても楽しかったのですが、今度は宮脇さんご本人の著作が読みたくなりました。
学者の文章ってどうなんでしょうね? 期待と不安が相半ば?

|

« がんばれ自炊くん! | トップページ | 赤城・鳥居峠 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魂の森を行け:

« がんばれ自炊くん! | トップページ | 赤城・鳥居峠 »