« 若さが眩しい | トップページ | 夏休み »

2007年7月22日 (日)

華胥の幽夢(十二国記シリーズ)

4062732041 華胥の幽夢(ゆめ)―十二国記 (講談社文庫)
小野 不由美
講談社 2001-07

by G-Tools

【華胥の幽夢】は十二国記シリーズの番外編and短編集です。
シリーズ最初の【月の影 影の海】辺りでは読書スピードが上がらず、他の本との併読状態だったのですが、シリーズ最新作(と言っても2001年発行)のこの番外編ともなると馴染みのキャラクター総出演って感じでワクワクと読み進めたのでありました。
だけどシリーズが長大なせいで(私の記憶力のせいじゃないぞ?)、登場人物や国のつながりがわからなくなったりして少々イライラも。
作者はいろんな所に緻密に伏線を張っているんだろうな。全巻再読するともっと楽しめるかも?

この番外編でシリーズは一休みなのかな?
【黄昏の岸 暁の天】のその後はいつ? 私は今日から待ち焦がれれば良いのですが、2001年からずっと待っているファンの方達はたいへんな辛抱だなぁ。続編が待たれます。

|

« 若さが眩しい | トップページ | 夏休み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 華胥の幽夢(十二国記シリーズ):

« 若さが眩しい | トップページ | 夏休み »