« 笠ヶ岳・草津温泉 | トップページ | 尾瀬沼~小淵沢田代 »

2007年9月30日 (日)

呪われた町・キング

4087600866 呪われた町 (上) (集英社文庫)
スティーヴン・キング
集英社 1983-05

by G-Tools

夏の読書で格闘した小野不由美【屍鬼】はスティーヴン・キング【呪われた町】へのオマージュとされる作品だそうな。
スティーヴン・キング……懐かしいです。と言っても初期の頃の作品をいくつか読んだだけですけど 。
【呪われた町】は【キャリー】の次の作品?……読んでませんねぇ。

と言うことで、雨の週末に読んでみました。
こちらも【屍鬼】同様、登場人物が多くて……名前が覚えられません。
所々、飛ばし読みして先を急ぎました(^^; 主役級の輪郭がはっきりしてきたのは下巻になってからかな?
後は一気呵成にクライマックスへ。

【屍鬼】では人間側、屍鬼側とで善悪の断定ができないもどかしさがあるのですが、こちら【呪われた町】は人間=善、吸血鬼=悪の構図は割とはっきりしているので、感情移入は比較的楽です。

【屍鬼】を読んでいたせいでしょうか、「ほほう、話の展開はそう来るか」、「ああ、屍鬼はここを膨らませたんだなあ」とかが面白かったです。
作家同士の影響力みたいなのに関心がいった読書で、その分、ホラー度は低かった?

で、スティーヴン・キングを読んでいたのはいつ頃だったんだろう?
【スタンド・バイ・ミー】は記憶にあるのですが、【キャリー】や【シャイニング】、【クリスティーン】はどんな作品だったんだろ?

文庫本があるかと探してみたら、【クリスティーン】だけありました。
ああ、この本、妙にワクワクして読んだような……記憶違いかもしれません。

再読しようかと引っ張り出したのですが上下2巻はきついかも。
代わりに?その近くにあった【風の歌を聴け】村上春樹をパラパラと……懐かしいというか新鮮というか(中身の記憶がほとんどない^^;)

キングも村上春樹も未知の作家のようで……読む本には事欠かないようです(^^;

4087600874 呪われた町 (下) (集英社文庫)
スティーヴン・キング
集英社 1983-06

by G-Tools

|

« 笠ヶ岳・草津温泉 | トップページ | 尾瀬沼~小淵沢田代 »

コメント

スティーヴン・キングは、食わず嫌いでしたが・・読んでみようかな。

でも、やはり、ちょっと恐いかも。狭い心でございます。

年を重ねると、同じ本でまた同じ感動(笑)これは至福の時というものです。

ただ今、やっと図書館の順番がきて、「風が強く吹いている」を読んでいます。猛烈、走りたくなっています。

ではでは、匿名希望より・・・・^^

投稿: pitoko | 2007年10月 3日 (水) 19:13

pitokoさん、こんばんは。

スティーヴン・キング、昔々にちょっと読んだことがあるのですが、ずっとご無沙汰でした。
久しぶりの対面は懐かしいものでした。
まあ、はじめて出くわしたときのような衝撃はありませんでしたけど、ま、それなりに面白かったです(^^)

キングには「ダーク・タワー」シリーズという大長編があるようです。
これ、どうしたもんでしょ?

「風が強く吹いている」をお読みですか。
これはスイスイと読み終わるのでは?(^^)
そう言えば、その後、短距離走の3部作を読みましたよ。
あれは、なんて言う題名でしたっけ? 思い出せなくて気持ち悪いです(^^;

投稿: トラベエ | 2007年10月 4日 (木) 21:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 呪われた町・キング:

« 笠ヶ岳・草津温泉 | トップページ | 尾瀬沼~小淵沢田代 »