« 菅原神社・大桁湖 | トップページ | 赤城・鍋割山 »

2008年1月30日 (水)

卵の緒/螢川・泥の河

410129772X 卵の緒 (新潮文庫 せ 12-2)
瀬尾 まいこ
新潮社 2007-06

by G-Tools

先日の「川上弘美」に続いて「瀬尾まいこ」、「宮本輝」と知らない作家の本を読みました。
もっとも宮本輝の「泥の河」は小栗監督の映画を見ているので初対面というわけでもないのですが……

それぞれに読み応えのある本でした。
川上弘美同様、瀬尾まいこ、宮本輝も何冊かは読むことになりそう。

瀬尾まいこはまだお若い方のようだから著作数が少ないのかな? こちらは数冊ですむかもしれないけれど、宮本輝は著作数が多そう。何を読んだら良いのやら? 読書も悩ましいですね。

それにしても最近は読書傾向が変わったような……どうしちゃったんでしょ? 我ながら摩訶不思議(^^;

4101307091 蛍川・泥の河 (新潮文庫)
宮本 輝
新潮社 1994-12

by G-Tools

|

« 菅原神社・大桁湖 | トップページ | 赤城・鍋割山 »

コメント

川上弘美は一度立ち読みしたとき、相性がよくないかな・・と食べず嫌いなのです・・

瀬尾まいこは・・なんだか好きかもしれない・・と本の紹介を見て思いました。

最近、立て続けに海外のライトミステリーを読んで、心をなだめていたのですが(別世界に逃げ込んで・・)ちょっと瀬尾まいこに手を出してみます。(変な意味ではなく・・変な意味には取りませんよね・・)

投稿: ぴとこ | 2008年2月 1日 (金) 07:45

ぴとこさん

川上弘美、一冊だけでとやかくも言えないのですが……
つぼにはまったらすごそうな気がします。

瀬尾まいこ、この人は学校の先生?
この人のエッセイを車運転中にラジオで聴いたのが記憶に残っていて処女作?を読んでみました。

宮本輝、たくさん作品がありますねぇ。
全部はとても読めないし……何を読みましょうか?

ぴとこさんは瀬尾まいこに手を出しますか。それはそれは(^^)

私はどうしましょ?

夕べ、テレビで司馬遼太郎がらみの松山城を見てしまったら「坂の上の雲」(でしたっけ?)に興味が沸いてきて……

と言いつつ、今日読んでいるのは「シンプルに使うパソコン術」と「明日の広告」
ウン? これは実用書か。
いや、私には「明日の広告」は実用書じゃないかな?

わけわかんないお返事で失礼します(^^;


投稿: トラベエ | 2008年2月 1日 (金) 18:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卵の緒/螢川・泥の河:

« 菅原神社・大桁湖 | トップページ | 赤城・鍋割山 »