« 西上州・高戸谷山 | トップページ | 吾嬬山・薬師岳 »

2008年11月24日 (月)

孤宿の人・宮部みゆき

4404032579 孤宿の人 上
宮部 みゆき
新人物往来社 2005-06-21

by G-Tools

ここのところ、宮部みゆき著「孤宿の人」を細切れ時間に読んでいたのですが、今日は下巻の3分の2くらいを一気に読んで完了しました。

これは私の読んできた宮部みゆきとは違った作風の力作ですね。
物語自体は明るくも楽しくもありませんが、読み応えがあります。

多数のキャラクターが登場しますが、なんといっても「ほう」の人物造形が素晴らしかった。
「加賀さま」と「ほう」の触れ合い、この描写が一番の読み所でした。
物語全体の中では意外とこの場面は少ないのですが、もっと書いて欲しかった。いや、あのくらいがちょうど良いのかな?

正直言いますと、宮部みゆきお得意の江戸市中ものとは少々筆致が異なり、説明調の文が多い個所もあり、ストーリー展開にまどろっこしい面もありました。
しかし、そこをグッと我慢して最後まで行ってみると、感涙にむせぶのでありますよ。
ウーム、さすが、宮部みゆき! 脱帽でございます。

4404032587 孤宿の人 下
宮部 みゆき
新人物往来社 2005-06-21

by G-Tools

|

« 西上州・高戸谷山 | トップページ | 吾嬬山・薬師岳 »

コメント

我慢して読み続けると感涙にむせぶ。

このフレーズには負けてしまいます。
ぜひ、読んでみます。

いやあ・・本ってホントにいいですね。(だじゃれではありません・・)

投稿: ぴとこ | 2008年11月27日 (木) 10:02

ぴとこさん、こんばんは。

> 我慢して読み続けると感涙にむせぶ。
> このフレーズには負けてしまいます。
> ぜひ、読んでみます。

いや、あの、その……「我慢して」のフレーズも、結構、重要かも?(^^;

この本、私の知っている「宮部みゆき」とちょっと違う面もありまして………読んでくださいまし(^^;(^^)

PS
沢木耕太郎「彼らの流儀」、ポツリ、ポツリと読んでます(^^)

投稿: トラベエ | 2008年11月27日 (木) 18:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 孤宿の人・宮部みゆき:

« 西上州・高戸谷山 | トップページ | 吾嬬山・薬師岳 »