« 世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド/村上春樹 | トップページ | 川原湯~草津 »

2009年2月 1日 (日)

ノルウェイの森/村上春樹

4062748681 ノルウェイの森 上 (講談社文庫)
村上 春樹
講談社 2004-09-15

by G-Tools

大ベストセラー恋愛小説ですよね。
読後感には「これが恋愛小説?」って思いもありましたけど………

幸か不幸か今まで読んだことがなかったのですが、ここのところ、村上さんにつかまってしまったので一気読み。
面白く読ませていただきました。

こちらの方が先日読んだ『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』より読みやすいし、感情移入も容易です。
どっちが好みかは「???」なんですけど……

あの時代(1969~)の雰囲気ってこういうものだったのかなぁ? それともこれは村上さん独特の時代感?
ま、何にしろ、思春期の葛藤、人間関係、恋愛、喪失感、死生観等が巧みに描かれていて読ませます。

欲張りなお願いだろうけど「直子=死」、「緑=生」の対比はもっと『緑』にスポットライトを当てて貰えると元気が出るんですけど……ウン? 喪失の物語から元気を貰うわけにはいかないのか(^^;

ノスタルジックにもビートルズの「ノルウェイの森」を聴き直してしまいました(^^;(^^)

村上さんの文体にもだいぶ慣れてきました。
でも、この作家が好きなのか嫌いなのかは判然としません。
もう少し、追っかけてみましょうか。

406274869X ノルウェイの森 下 (講談社文庫)
村上 春樹
講談社 2004-09-15

by G-Tools

|

« 世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド/村上春樹 | トップページ | 川原湯~草津 »

コメント

う~ん。

お久しぶりです。
村上春樹さんの小説はですね・・・
私には手ごわいです。

角田光代さん同様、随筆には魅かれる
が、小説はしんどい・・のタイプです。

投稿: ぴとこ | 2009年2月10日 (火) 13:34

ぴとこさん、お久しぶりです。

うーん、確かに今のぴとこさんには村上春樹は合わないかも?

この人の作風、どこか社会性の欠如があるような(^^;……摩訶不思議な世界です。

性懲りもなく現在は「ねじまき鳥クロニクル」を読んでいるのですが、読書スピードは遅々たるものです。(まだ、第1部の半分くらい)
この小説もこの後どう進展するのやら……うーん、ボチボチと読み進めましょう(^^;

「遠い太鼓」の方が面白そうなんですけど、「ねじまき鳥」を読み終えてからのつもりです。

久しぶりに読書に手こずっております。
ま、それも快感?……って、おまえはマゾか?(^^;

お母上の看病、頑張らずに頑張ってください。(意味不明?^^;)
どうぞ、ご自愛ください。

投稿: トラベエ | 2009年2月10日 (火) 18:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノルウェイの森/村上春樹:

« 世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド/村上春樹 | トップページ | 川原湯~草津 »