« 車の修理 | トップページ | じじバカ・ばばバカ »

2009年12月31日 (木)

邂逅の森・熊谷達也

4163225706 邂逅の森
文藝春秋 2004-01-28

by G-Tools

【邂逅の森】は狩猟で生計を立てる「マタギ」の物語です。
舞台は大正から昭和にかけての東北。

獣を追いかけてのマタギの行動に東北の自然を想像したり、時代背景に当時の豊かとは言えない生活環境を考えたり、主人公富治の時代や環境に流されながらも必死に真摯に生きていく姿に心を奪われたり……重厚でありながらエンタメ性にも富んでいて、久しぶりに夜更かし読書をしてしまいました。

この本が今年の読書の〆かな?

あぁ、【坂の上の雲】はボチボチと読んでいます。
まだ3巻に入ったばかりですが、「明治ってすごい時代だったんだなぁ」と興味深く読んでいます。
これは8巻まであるんでしたっけ?
来年中には読めるかな?

来年は竜馬のブームが来るのかな?
【竜馬がゆく】も読み返せると良いんだけど……ウーン、悩ましいですね。

ウン? 読みたい本がたくさんあるって幸せなことかも?
せいぜい、読書にも励んでみましょう。

じゃ、みなさん、良いお年を(^^)

|

« 車の修理 | トップページ | じじバカ・ばばバカ »

コメント

こんばんわ
群馬は寒いですねえ。今日は風も強かったし、巣籠もりです。
先日のトラベエさんの読書感想に触発され「獣の奏者」読んでます。エリンが今後どうなっていくのか…面白い本ですねえ。

「坂の上の雲」のほうは、四国松山にあるミュージアムを観てきました。内容的には今いちの箱物でしたが、いつの日か全巻読んでみようと思いました。

では、良いお年をお迎えください。

投稿: | 2009年12月31日 (木) 17:45

warabeさん(ですよね?)、こんばんは。

今日は寒いですねぇ。
お正月準備ってきりがないので、先ほど、缶ビールプシュッっとやって強制的におしまいにしました(^^;

オッ、warabeさんは「獣の奏者」を読んでますか。
こたつで読書かな?
みかんに餅に面白本……ワタシ、結構、好きなんです(^^)

【邂逅の森】、私は図書館本で読みましたが、文庫も出ているようですね。
雪山好きなwarabeさんにはおすすめかも?

良いお年を! 

投稿: トラベエ | 2009年12月31日 (木) 19:07

今年もよろしくです。
はい、名前を書き忘れるなんて、そろそろ我輩もぼけてきたかなあ?
「邂逅の森」次の候補に入れておきます。

投稿: warabe | 2010年1月 1日 (金) 17:11

邂逅の森・・・登山とは違う、山の深さを感じますね。


坂の上の雲・・・我が家の本棚に夫のものがあるのですが、古い文庫で字が小さい(笑)


竜馬伝・・・福山雅治がかっこよすぎて・・・福山伝って言ってしまいそうです。

投稿: ぴとこ | 2010年1月 4日 (月) 22:32

ぴとこさん、こんばんは。

邂逅の森、坂の上の雲、竜馬伝………テレビを見なかったので竜馬伝のコメントが興味深いです。

フーム、福山伝なのですか。
それはどう解釈すればよいのか少々迷います……再放送にチャレンジしてみましょう。
その結果が○でも×でも「竜馬がゆく」は読むんだろうなぁ(^^)

投稿: トラベエ | 2010年1月 5日 (火) 22:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 邂逅の森・熊谷達也:

« 車の修理 | トップページ | じじバカ・ばばバカ »