« 西上州・西御荷鉾山 | トップページ | 三国山~大源太山~平標山乃家 »

2011年7月10日 (日)

アイの物語・山本弘

久しぶりにSFものを読んでみました。

【機械とヒトの新たな関係を描く、未来の千夜一夜物語】だそうですけど、この本はSFというジャンルにこだわらずに全ての小説好きにおすすめじゃないのかな。

タイトルの「アイ」は、ヒロインの「アイビス」の愛称であると同時に、「愛」、「I(英語の私)」、「AI(人工知能)」、「i(虚数)」など、複数の意味を含んでいます。

七つの物語で構成されていますが、書き下ろしの第6話(詩音が来た日)、第7話(アイの物語)が圧巻ですね。

ネタバレの危険性があるので、次の二つのフレーズを載せてこの記事は終わりにします。

【すべてのヒトは認知症である】
【理解不能な世界を許容すること、それが愛(i)】

たまにはSFを読むのも視点が変わって新鮮です。読んでみてください。

404460116X アイの物語 (角川文庫)
山本 弘
角川グループパブリッシング 2009-03-25

by G-Tools

|

« 西上州・西御荷鉾山 | トップページ | 三国山~大源太山~平標山乃家 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アイの物語・山本弘:

« 西上州・西御荷鉾山 | トップページ | 三国山~大源太山~平標山乃家 »