« 大峠~流石山~大倉山 | トップページ | 赤城散策 »

2013年7月30日 (火)

狭小邸宅・走るジイサン

借りてあった本を読みました。

この2冊、偶然にも「すばる文学賞」、「すばる新人賞」を受賞している作品のようです。

私には「文学賞、新人賞」の違いはわかりませんが、両作品とも面白く読ませていただきました。

フーン、都会の住宅は「ペンシルハウス」って言うんだぁ。

「狭小邸宅」は感性がイマドキですねぇ。
興味深い読書and情報でした。

B00DM28M2Q 狭小邸宅 (集英社文芸単行本)
新庄耕
集英社  2013-02-10

by G-Tools

「走るジイサン」の方は作者が私と同年代。

その作者が「ジイサン」を主人公に綴るのですよ。
ウーン、共感したいような反発したいような……微妙な読書感(^^;

共感or反発の態度を決めるためにももう少し「池永陽」作品を読んでみましょう(^^)

4087743810 走るジイサン
池永 陽
集英社  1999-01-05

by G-Tools

|

« 大峠~流石山~大倉山 | トップページ | 赤城散策 »

コメント

走るジイサンも池永さんも、なかなかえぐい部分が。

共感したいような反発したいような・・との感想が、なんだか、わたしなりにフムフムと思います。

『狭小邸宅』という言い方は知りませんでしたが、そのような住宅が、まわりにたくさんあります。

初めてみたときは、ちょっと驚きましたが、なんだか見慣れてしまったこの頃です。

投稿: ぴとこ | 2013年7月30日 (火) 21:20

走るジイサン…
呼ばれたようないがしたのででてきました。

>共感したいような反発したいような…

ふむふむ、読んでみようかな?
走るジイサン、最近暑くて走ってません(^_^;)

投稿: kyou | 2013年7月30日 (火) 22:03

ぴとこさん

2作品とも興味深い読書でした。
好き嫌いで言うと微妙ですけど(^^;

池永さんはもうちょっと読んでみようと思ってますが【えぐい】のですか。
ウーン、どうしましょ?(^^;(^^)

投稿: トラベエ | 2013年7月31日 (水) 06:35

warabeさん

「走るジイサン」とwarabeさんに共通項はないような……(^^;
「走るジイサン」には爽快感はありません。

爽やかな汗とは程遠い小説です。
どうしてもと仰るのなら覚悟して読んでね(^^;

投稿: トラベエ | 2013年7月31日 (水) 06:36

読みました~
我輩より少し年配の主人公ですが、共感できる部分もありますねえ。
また、そりゃあないだろうって思うところもありますねえ

これから迎えるであろう老後。
少し心構えができたような(^_^;)
ぴとこさんの言われる「えぐい」って感じもなんとなくわかるような。

投稿: kyou | 2013年8月 2日 (金) 21:00

warabeさん

読みましたかぁ(^^)
warabeさんも100%の共感とはいきませんでしたか。
納得です。

私も、結構、ブツブツと独り言を言っているようです。
傍から見たら、このジイサンがお猿さんと話している状況と同じかも?
怖いです(^^;

投稿: トラベエ | 2013年8月 3日 (土) 06:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 狭小邸宅・走るジイサン:

« 大峠~流石山~大倉山 | トップページ | 赤城散策 »