« 赤城・鍋割山 | トップページ | 「小さなことば」シリーズ・糸井重里 »

2014年12月14日 (日)

ライアの祈り・森沢明夫

青森三部作のラスト、「ライアの祈り」を読み終えました。

三部作、「津軽百年食堂」~「青森ドロップキッカーズ」とボチボチ読んでいたのですが、私的にはこれが一番はまりました。

舞台は第1作が弘前、第2作が青森、そして、この第3作が八戸……青森って良いなぁ。
私は3部作では「ライアの祈り」が一番好きですが、これって1,2,3って読んだから言えること?

ま、それはそれとして、今日は選挙の日でしたから、冒頭を引用してみますね。

わたしの部族の村人たちが、いかなる恐れも不安も抱かぬままに、きれいな空気を吸い、おいしい水を飲み、畑を耕し、狩りをし、家族とともに笑顔で暮らせるようにする。
それが族長であるわたしの使命だ。

パプアニューギニア山岳部の英雄
クズム族の族長の言葉

そして、フームと唸った個所の引用

「家族というものはな、そのなかに、たった一人でも不幸な者がおると、みながそろって不幸になってしまうという、じつに理不尽な掟で結ばれた者同士のことを言うんじゃ。逆に言うと、家族のなかの一人が幸せになるためには、他の全員も幸せでなくてはならん。…………」

先月、弘前のお知り合いと「津軽百年食堂」のことで電話でお話したんですけど、弘前城の桜の頃に青森に行ってみたくなりました。

4093863423 ライアの祈り
森沢 明夫
小学館  2012-09

by G-Tools

|

« 赤城・鍋割山 | トップページ | 「小さなことば」シリーズ・糸井重里 »

コメント

タイムリーでないコメントですみません。

わたしも、青森三部作の中で、「ライアの祈り」が一番好きです。(どれも好きですが。)

青森、ゆっくりと歩いてみたくなりますね。

「大事なことほど小声でささやく 」も、よかったです。

ネットで、いろんなことを知ることができますが、本を手にしている幸福感、いいです^^

投稿: ぴとこ | 2014年12月25日 (木) 00:07

ぴとこさん

アレッ? コメントしていただいたのを見逃していたのかなぁ?
今日、発見しました(^^;

青森三部作、良かったですね。
そちらのブログで森沢明夫さんの紹介を拝見してからササッと読んだのですよ。
ありがとうございました。

三部作の舞台、トラベエは弘前に3回、青森に1回行ってるんですね。
でも八戸って知らないんですよ。

弘前の知人と電話でお話しした際、その方は南部藩と津軽藩は異国みたいなことも言っていたし、興味は尽きないです。
取り敢えず、その方からは津軽百年食堂の映画のロケ地情報もいただいたので、弘前再訪がしたいです。

話は変わりますが、来年のNHK大河ドラマは初代群馬県令の奥様が主役?
これって、山口県の松下村塾出身者のお話なんですかね?
これも興味深いです(^^)

投稿: トラベエ | 2014年12月31日 (水) 17:59

トラベエさん。
あれ?って感じで、コメントしたつもりが一度姿を消していたのですよ。
だから、送信し忘れたかな?と思っていたけど、
ブログの具合だったのでしょうね。

町のあちこちに、文さんのイラストの幟が立ってます。
今年は、なんだか記念の年でもあるらしく、<維新>を再勉強させてもらっています。

群馬と山口、思わぬ共通項ができましたね。

今年も、よろしくお願いします。

投稿: ぴとこ | 2015年1月 5日 (月) 22:18

ぴとこさん

コメントの件はそういうことだったのですか。
私はコメントのチェックも覚束なくなったかと気落ちしてました(^^;
これでひと安心(^^)

文さんの第一回はまだ見ていないのですが(録画はしてあります)、どんな物語になるのでしょう。
楽しみです。

青森県へも行ってみたいし、山口県へも行ってみたいし……今年も妄想の旅はいっぱい出来そうです。

今年もどうぞよろしくお願い致します。

投稿: トラベエ | 2015年1月 6日 (火) 09:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ライアの祈り・森沢明夫:

« 赤城・鍋割山 | トップページ | 「小さなことば」シリーズ・糸井重里 »