« 七夕飾り | トップページ | 赤城自然園 »

2016年7月 8日 (金)

幕が上がる・平田オリザ

平田さんの【下り坂をそろそろと下る】が読みたくて図書館予約したら、そちらは予約者多数で当分読めないようです。

しかし、同時に予約した【幕が上がる】はすぐに借りられました。

これがすこぶる面白かったのですよ。

高校演劇部を題材にした青春小説……私の高校生の時って「部活と言ったら運動でしょう」って感覚が強くて、文化部に関心がなかったのですが、今になったら、「軽音楽部とか演劇部とかの世界もちょっとかじっておけば良かったなぁ」って遠い目で50年前を思い返してしまったのでした。
ま、タラレバ話は見苦しいですからほどほどにしましょうね(^^;

ああいう青春小説を書く平田さんの【下り坂をそろそろと下る】はどういう本なのでしょう。
興味津々。

あぁ、【幕が上がる】はももクロさん達が主演で映画にもなっているんですね。
こちらも興味津々。
4062180707 幕が上がる
平田 オリザ
講談社  2012-11-08

by G-Tools

|

« 七夕飾り | トップページ | 赤城自然園 »

コメント

この方の本は読んだことが無かったので図書館でネット予約したら貸出○になっていたので、近くの公民館に間もなく届くでしよう。
下り坂は貸出xになって居たので様子見です。

投稿: 山百合 | 2016年7月11日 (月) 09:47

山百合さん

下り坂は老人問題の本を何冊か予約した際の一冊なのです。
そしたらついでの一冊が早く借りられて……老人問題の方が切実なのですが、青春小説の方が面白いのですよ。

下り坂はいつ借りられるのかな?
楽しみに待っているというのとは違うのですが、順番が来たら読ませてもらうつもりです。

投稿: トラベエ | 2016年7月11日 (月) 12:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幕が上がる・平田オリザ:

« 七夕飾り | トップページ | 赤城自然園 »