« 2018年7月 | トップページ

2018年11月25日 (日)

ぐんまフラワーパーク

児童の絵画作品展が目当てで「ぐんまフラワーパーク」へ行ってきました。

絵を見るのにはそれほど時間は掛からないと思っていたのですが、孫がスタンプラリーに挑戦してしまって、大人はヘトヘト。絵画も花もそこそこの観賞でグッタリでした。

Img_4691s Img_4718s Img_4721s

「このまま、夕方までいればイルミネーションが綺麗だよ」……それは暴言というものです。
噴水を見ながら昼食にして、帰途につきました。

Img_4725s Img_4726s Img_4731_2s

スタンプラリーで活躍の人は、車の中で寝てしまいました。
家に着いても熟睡……ヤレヤレ、いつ起きるんだか(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月23日 (金)

パンジー・ビオラ

先日、玄関先の鉢植えの木の下が寂しいので、パンジー・ビオラを植えました。
気温が下がってきたら、元気に花が咲き出しました。

Img_4663_2s

このままずっと咲き続けてくれると嬉しいんですが……環境的には厳しいんですね。
この場所、朝日しか当たらないし冬場は北風が容赦なく吹き付けるんです。

Img_4669s_2  
春まで必死に耐えてもらうか、鉢の移動を考えるか……ま、冬になったら考えようってことにして水をあげときました。頑張ってください(^^;

Img_4670s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月14日 (水)

赤城・鍋割山

11月10日(土)

山友に誘われて、久しぶりの赤城・鍋割山ハイキングです。

実はもっと過激な山歩きの提案があったのですが、当方、足腰に自信がないので、それはご勘弁願って下山後の宴会がメインの「鍋割ハイク」にしてもらったのです。

「お気軽ハイク」のフレーズを耳にしたのか、娘が職場で先輩に話したようです。
その先輩、山歩きデビューがしたかったらしいです。

「じゃ、連れて行ってもらえば」ということになったらしくて、娘が私に職場から電話してきたんですね。

それほど過激な山を歩くわけでもないし、「良いんじゃない」って返答したのですが、娘が帰ってきてから言うに「彼女だけ初対面のオジサン、オバサンと歩けるわけないじゃない。私も行くんだよ」ということでした。

エェッ、娘も行く? 孫はどうするんだ?……必然的に孫の山歩きデビューとなったのでした。

職場の先輩は大丈夫だとしても、孫はどこまで歩けるんだろう?

山頂までは無理かもしれません。その時はどうしましょ?……まぁ、山友さん達には迷惑が掛かりそうですけど、ご了承願って、行ってみましょうか。

Img_4575s Img_4599s Img_4614s Img_4620s

職場の先輩はわが家へ9時集合。山友さん達とは現地で10時集合の予定でしたが……案の定? 現地集合時間には数分の遅刻。ゴメン。

鍋割山登山自体は何度も歩いているので足腰に自信のないトラベエ夫婦でも問題はないのですが、今日は山デビューの二人の女性のことが気になるのですよ。

大人の女性は問題ないですね。では、子供の女性はどうでしょう?
こちらは同行のオジサン・オバサンにチヤホヤされて「今日の主役は私!」って気分なのかなぁ? ご機嫌ですんなり山頂まで行ってしまいました。

山頂では大人の女性は「山友さん1」のガスコンロに興味があるようでした。
すぐにでも調達しそうな勢い?
子供の女性の方は「山友さん2」の無線機に興味津々。これは調達は無理でしょうか。

ごはんも食べたし、そこそこ寛いだので、下山しましょう。

孫、荒山高原下の岩場が心配だったのですが、ババに手を引かれて、難なく下ってくれました。

下山口近くの紅葉が残っていてくれて、得した気分で鍋割山ハイキングは無事終了。

その後は日帰り温泉で身を清めてから宴会へと突入したのでした。

Img_4622s Img_4624s Img_4652s Img_4659s_2

お気軽ハイクのはずの鍋割山は朝から晩まで12時間以上の大登山(正味歩行時間は計ってません)となりました。
いやはや、疲労困憊でしたが、久しぶりの賑やかな山で楽しかったです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ