« 赤城自然園 | トップページ | パンジー・ビオラ »

2018年11月14日 (水)

赤城・鍋割山

11月10日(土)

山友に誘われて、久しぶりの赤城・鍋割山ハイキングです。

実はもっと過激な山歩きの提案があったのですが、当方、足腰に自信がないので、それはご勘弁願って下山後の宴会がメインの「鍋割ハイク」にしてもらったのです。

「お気軽ハイク」のフレーズを耳にしたのか、娘が職場で先輩に話したようです。
その先輩、山歩きデビューがしたかったらしいです。

「じゃ、連れて行ってもらえば」ということになったらしくて、娘が私に職場から電話してきたんですね。

それほど過激な山を歩くわけでもないし、「良いんじゃない」って返答したのですが、娘が帰ってきてから言うに「彼女だけ初対面のオジサン、オバサンと歩けるわけないじゃない。私も行くんだよ」ということでした。

エェッ、娘も行く? 孫はどうするんだ?……必然的に孫の山歩きデビューとなったのでした。

職場の先輩は大丈夫だとしても、孫はどこまで歩けるんだろう?

山頂までは無理かもしれません。その時はどうしましょ?……まぁ、山友さん達には迷惑が掛かりそうですけど、ご了承願って、行ってみましょうか。

Img_4575s Img_4599s Img_4614s Img_4620s

職場の先輩はわが家へ9時集合。山友さん達とは現地で10時集合の予定でしたが……案の定? 現地集合時間には数分の遅刻。ゴメン。

鍋割山登山自体は何度も歩いているので足腰に自信のないトラベエ夫婦でも問題はないのですが、今日は山デビューの二人の女性のことが気になるのですよ。

大人の女性は問題ないですね。では、子供の女性はどうでしょう?
こちらは同行のオジサン・オバサンにチヤホヤされて「今日の主役は私!」って気分なのかなぁ? ご機嫌ですんなり山頂まで行ってしまいました。

山頂では大人の女性は「山友さん1」のガスコンロに興味があるようでした。
すぐにでも調達しそうな勢い?
子供の女性の方は「山友さん2」の無線機に興味津々。これは調達は無理でしょうか。

ごはんも食べたし、そこそこ寛いだので、下山しましょう。

孫、荒山高原下の岩場が心配だったのですが、ババに手を引かれて、難なく下ってくれました。

下山口近くの紅葉が残っていてくれて、得した気分で鍋割山ハイキングは無事終了。

その後は日帰り温泉で身を清めてから宴会へと突入したのでした。

Img_4622s Img_4624s Img_4652s Img_4659s_2

お気軽ハイクのはずの鍋割山は朝から晩まで12時間以上の大登山(正味歩行時間は計ってません)となりました。
いやはや、疲労困憊でしたが、久しぶりの賑やかな山で楽しかったです。

|

« 赤城自然園 | トップページ | パンジー・ビオラ »

コメント

紅葉の画像、いいですね
紅葉もキレイですが、お孫ちゃんも一緒
じいじとばあば、ハラハラ、心配だったでしょう
賑やかな鍋割山行、お疲れさまでした
ウチも、来年あたり孫と行けるかなあ、

投稿: kazu | 2018年11月20日 (火) 21:29

kazuさん

孫にとっては長七郎山の方がラクチンかな?とも思ったのですが、「もう紅葉は終わっているだろうな」と鍋割山にしました。

正解でした(^^)

ジィジ・バァバには瞬発力がないので、ハラハラする場面もありましたが、なんとか無事に下山できてめでたしでした。

kazuさんのところもそろそろですか。楽しみですね(^^)

投稿: トラベエ | 2018年11月21日 (水) 06:50

お世話になりました。
泊めていただいた上にミカンやリンゴ迄頂いて恐縮です。
お孫さん、みんなの不安を裏切って元気でしたねえ。

ジィジ・バァバとしては、瞬発力強化が課題ですね。
また機会がありましたら宜しくです。

投稿: 山友さん2号 | 2018年11月22日 (木) 12:51

山友2号さん

こちらのわがままで長時間(山歩きは短時間?)のお付き合いをいただき、ありがとうございました。

みなさんのおかげで、孫も元気に完歩出来ました。感謝です。

何度も歩いている鍋割山の思い出は色々ありますが、印象深い山歩きがまたひとつ追加できて、楽しかったです。

また、よろしくお願いします。

投稿: トラベエ | 2018年11月22日 (木) 18:39

トラベエさん、こんにちは。
遅くなりましたが、先日は大変お世話になりました。
前橋での忘年会もおつなものです。
みなさんお元気そうで良かったです。
これを機会に、毎年恒例にしましょうか?
のんちゃんの成長も楽しみです。

投稿: 山友1号 | 2018年11月26日 (月) 14:46

山友1号さん

先日はたいへんお世話になりました。

孫は下山時には山友1号さんにぴったりくっついていましたね。
おかげでおんぶやだっこの心配もなくてたすかりました。
山友1号さんには子供を引きつける何か特別なオーラがあるんですか? 後ろから見ていたらなかなか不思議な光景でした(^^)

夜は極寒の場所に寝かせてしまって、たいへん失礼致しました。
風邪、大丈夫でしたか?
次回は戸締まりに気をつけますので、また、よろしくお願いします。

投稿: トラベエ | 2018年11月26日 (月) 16:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤城・鍋割山:

« 赤城自然園 | トップページ | パンジー・ビオラ »