2019年6月10日 (月)

赤城・小沼~おとぎの森

6月8日(土)

小沼周辺のツツジはどうかな?と出掛けてみました。

今日は午後から雨が降りそうなので、わが家としては比較的早めの出発でした。

途中、濃霧にも遭遇し、この時期の赤城としてはとても静かな雰囲気です。
ま、お日様が出て来れば、人も出て来るんでしょうね。

静かな白樺牧場は素通り。
レンゲツツジはもう少し先かな?

霧は晴れたけれど、小沼駐車場も空いていました。

Img_6671s Img_6674s Img_6676s Img_6677s

さて、逆時計回りで水門へ行ってみましょうか。
トウゴクミツバツツジやシロヤシオは寂しかったですが、緑のしっとり感が好ましいです。

散策の人がいません。静かな小沼です。

Img_6681s Img_6693s Img_6710s Img_6705s  

小沼一周(+長七郎山)だけでも良いのですが、水門まで来たら、おとぎの森へ下ってみましょうか。

この辺り、トウゴクミツバツツジはそろそろ終盤、ヤマツツジが盛りでした。

いいね、いいね、と歩いていたら、雨が降ってきました。
それなりの降り方で、久しぶりにレインウェアを着用しました。
カメラはしまっちゃいましょうか。

Dsc_0013-2s Dsc_0015s Dsc_0016-2s Dsc_0019s

ほどなく、おとぎの森広場に到着。
カメラはザックの中なんですけど、クネクネと伸びたミズナラの枝も撮ってあげないと失礼かな?
ポケットからスマホを出して、パチリ、パチリ……写ってるんだろうか?

Dsc_0024-2s Dsc_0025-2s Dsc_0030s Dsc_0031s

雨、どんどん強くなります。
雨で肩が冷たくなってきました。傘、差せば良かったかな。

このスマホ、防水機能はあるはずなんですけど、定かではありません。
茶ノ木畑峠分岐近くではヤマツツジが綺麗に咲いていましたが、スマホを壊してまでの撮影意欲はわきません。
スマホはポケットにしまって雨のツツジ観賞を楽しみました。

Dsc_0032s Dsc_0037-3s

長七郎山分岐に戻ってきました。
雨も小降りにはなってきましたが、今日は長七郎は歩かなくても良いかな。

水門からは少々歩きにくい石畳状の道を小沼半周。
こちら側もシロヤシオは寂しかったです。去年が凄すぎたんでしょうね。また、来年、よろしくです。

Img_6725s Img_6729s Img_6730s Img_6732s

小沼の散策が終わる頃に雨は上がりました。
青空もチラッと見えて、人の数も増えてきて、いつもの小沼らしくなってきました。

Img_6733s Img_6736s Img_6737s Img_6740s

ザックからカメラを出して小沼周辺を数枚。さ、お昼を食べて帰りましょうか。
今年も小沼周辺のツツジが見られて良かったです。

白樺牧場辺りは来週でも大丈夫かな? さてさて、どうなることやらです。

| | コメント (2)

2019年6月 7日 (金)

赤城・駒ヶ岳

5月18日(土)

去年と比べると赤城のアカヤシオも相当遅れている模様。
今日は満を持してのアカヤシオ観賞です。

コースは大洞の駒ヶ岳登山口から登って鳥居峠方面へ下ってみましょうか。
階段からちょっと外れた箇所から赤城神社をバックに満開のアカヤシオが見たいのです。

ジグザグと登っていくと左上にアカヤシオのピンクが見えてきました。
オォッ、良いタイミングだ。
アカヤシオに夢中で気もそぞろ? この辺りでお知り合いとすれ違っていたらしいのですがまったく気付きません。
先方も「ウン? さっきのはトラベエさん?」と思ったけれど、呼び止めるほどのことでもないかと下ったとのこと。
彼らは黒檜山にも登ってきて、もう下山口が間近ってことですね。早出ができて偉いです。
この方達とは仕事上の付き合いですので、お互い、支度が変わるとわかんないんですかね?
で、この中の一人とは翌週も赤城山でバッタリ! あぁ、仕事の時とは雰囲気が違いますね。

Img_6049s Img_6061s Img_6060s Img_6092s       

アカヤシオと赤城神社、満足です。
ここからの風景を夕日を入れて撮りたいという写真マニアの方がいたけれど、それも良いだろうなぁ。

しばし、アカヤシオを堪能した後、駒ヶ岳へ向かいます。
曇天で少々寒いです。
山頂先でおにぎりを食べていたら雨もポツポツ落ちてきました。
のんびり休憩というわけにもいかずに、また、階段箇所へと戻りました。

Img_6095s Img_6101s Img_6104s Img_6150s     

雨雲も移動したので、鳥居峠方面へのんびり下りましょう。
鳥居峠・利平茶屋分岐箇所から利平茶屋方面へちょっと行ったところが本日のアカヤシオのハイライトかな?
満開でした。

アカヤシオをゆっくり観賞したら篭山へ下りましょう。
こちらのアカヤシオもまだ健在。
得した気分でまたアカヤシオ観賞です。

Img_6152s Img_6171s Img_6176s Img_6185s

その後は山頂ヒュッテで白樺クーヘンをゲットしてから覚満淵を半周して登山口駐車場へ。
駐車場ではケガ人がでたのか、その救助関係者が大勢いました。
それを眺めていたらお知り合いの車がやってきて、これからアカヤシオの写真撮影だそうです。
しばらくお話しした後、「お気をつけて」とお別れして、私達は車に乗り込みました。

今年のアカヤシオはどうかな?(時期の問題、花数の問題)と思っていたのですが、グッドタイミングで愛でられて得した気分の赤城・アカヤシオでした。

これからが赤城山が一番華やぐ時期ですけど、今年もあと何回かは足を運ぶことになるんでしょうね。

| | コメント (0)

2019年6月 4日 (火)

赤城オフ会(2019)

2019年5月25日(土)

今年も赤城オフ会に誘っていただき、歩いてきました。

今年で8回目? 私は3回半の参加かな? 今年は全員のお名前とお顔が一致して気分爽快でした。

今年はツツジ類の開花時期が読めませんね……って言うか、去年の開花が異常に早かった?
そんなわけで幹事さんは場所の選定に悩まれ、予定変更で荒山高原周辺の散策となったのでした。
幹事さん、お疲れ様でした。感謝です。

当方、多分、集合場所へは一番近いはずです。しかし、みなさんを待たせて最後の到着。申し訳ございません。
着いたらすぐのみなさんからのお土産攻撃、どなたからいただいたものやらもわからずで、重ね重ね申し訳ございません。

登山準備もあるので、みなさんには先に出発してもらい、後を追い掛けました。

日陰で改めて幹事さんからご挨拶やら今日の予定の説明です。
まぁ、全員この道には慣れているようなので、迷子の心配はないでしょう。

今日の心配は熱中症? 5月にしては異常な暑さになるそうです。
ゆっくり、のんびり、行きましょう。

展望の広場経由で荒山高原へ行くようです。

展望の広場への道、「こんなに登りだったっけ?」……年々、赤城山には急坂が増えているようです?
木々の間にヤマツツジやトウゴクミツバツツジが綺麗です。来週が盛りかな?

展望のない展望の広場で休んでいると、荒山高原に直に登ったご夫婦から電話有り。
急いで(気持ち)ゆっくり(現実)下りましょう。

荒山高原は日当たりがよろしいです。風は爽やか。富士山も見えます。

Img_6349s Img_6353s Img_6363s Img_6366s

それなりの賑わいだったので、芝の広場へ移動です。
ここも日当たりは良かったですが、木陰を探して昼食です。
ズミの木の下でのおにぎり、美味でした。

記念写真を撮ったら荒山高原へ戻りましょう。

ツツジの偵察に寄り道したり、さくらちゃん(犬です)の水浴びを見ていたり、スピードは上がりませんが、いつの間にやら駐車場着。

その後はお茶会場所へ移動。

昼食より長いお茶会を楽しんで、名残惜しくも、お別れしたのでした。
また、来年、よろしくお願いします。 

| | コメント (0)

赤城・荒山高原

6月1日(土)

ママが用事があるというので、チビを連れてジジババで子守り兼ツツジ観賞です。
先週、オフ会から帰ってきて「お花が綺麗だった」と孫に言ったら、「良いなぁ、行きたかった」との反応でした。
「それじゃ、今度ね」と言っておいたのですが、本人、わりと本気だったようです。

今日は暑いし、遅出だし、鍋割山までの元気はありません。
森林公園登山口から芝の広場、余力があったら荒山高原の予定です。

森林公園駐車場はほぼ満杯状態でした。みなさん、時期をよく知っていますね。
これなら、ツツジは絶対咲いています。ゆっくり、のんびり、行きましょう。

Img_6418s Img_6432s Img_6464s Img_6465s

登り口にちょっと急登があるのですが孫もジジババも難なくクリア。新緑が良いです。
しかし、ハルゼミはうるさいです。
道も緩やかな登りになるとヤマツツジも現れ出しました。
うん、見頃です。

孫はこの辺りになると道にも慣れてきたのか、ちょこまかと動き回り出します。
これが結構危ないです。
ま、崖や岩があるわけじゃないですから、転んでも自己責任ってことで……。

お菓子を食べたり、飴をなめたり、ジュースを飲んだり、ツツジもそこそこ眺めたり
……芝の広場は遠いです。

気が遠くなるほどの時間ツツジ観賞をして、芝の広場到着です。
今日は先週学習してある東屋で昼食にします。

Img_6508s Img_6535s Img_6555s Img_6560s

パンにおにぎりにジュースにデザートに、まぁ、良く食べること。

昼食後は迷うことなく荒山高原へ。
雲行きが怪しくなってちょっと温度が下がってきましたが、暑すぎることもなく、快適に荒山高原へ着きました。
「秋にはあっちから登ってきてここで休んでから鍋割山へ行ったんだよ」等、ババが孫に説明してましたが、どこまでわかっているのやらです。

Img_6581s Img_6613s Img_6601s Img_6616s

帰り道も意外と元気に下ります。

芝の広場で最後の休憩です。
孫のリュックの中からはお友達が5人も出てきました。

その後はなぞなぞの本も登場で、シートに座ってなぞなぞが始まってしまいました。
オイオイ、適当に切り上げてくださいよ。

Img_6618s Img_6637s Img_6644s Img_6658s

芝の広場からの下山ではしりとりもはじまるし、段差では抱っこの要求もあるし、なかなか、飽きない道でした。
おんぶをせがまれなかったのには、心底、安堵しました。

帰りの車の中ではすぐに寝てしまい、長時間の昼寝となりました。
大人だって疲れるんだもの、子供も疲れたことでしょう。楽しそうで良かったです。

| | コメント (0)

2018年11月14日 (水)

赤城・鍋割山

11月10日(土)

山友に誘われて、久しぶりの赤城・鍋割山ハイキングです。

実はもっと過激な山歩きの提案があったのですが、当方、足腰に自信がないので、それはご勘弁願って下山後の宴会がメインの「鍋割ハイク」にしてもらったのです。

「お気軽ハイク」のフレーズを耳にしたのか、娘が職場で先輩に話したようです。
その先輩、山歩きデビューがしたかったらしいです。

「じゃ、連れて行ってもらえば」ということになったらしくて、娘が私に職場から電話してきたんですね。

それほど過激な山を歩くわけでもないし、「良いんじゃない」って返答したのですが、娘が帰ってきてから言うに「彼女だけ初対面のオジサン、オバサンと歩けるわけないじゃない。私も行くんだよ」ということでした。

エェッ、娘も行く? 孫はどうするんだ?……必然的に孫の山歩きデビューとなったのでした。

職場の先輩は大丈夫だとしても、孫はどこまで歩けるんだろう?

山頂までは無理かもしれません。その時はどうしましょ?……まぁ、山友さん達には迷惑が掛かりそうですけど、ご了承願って、行ってみましょうか。

Img_4575s Img_4599s Img_4614s Img_4620s

職場の先輩はわが家へ9時集合。山友さん達とは現地で10時集合の予定でしたが……案の定? 現地集合時間には数分の遅刻。ゴメン。

鍋割山登山自体は何度も歩いているので足腰に自信のないトラベエ夫婦でも問題はないのですが、今日は山デビューの二人の女性のことが気になるのですよ。

大人の女性は問題ないですね。では、子供の女性はどうでしょう?
こちらは同行のオジサン・オバサンにチヤホヤされて「今日の主役は私!」って気分なのかなぁ? ご機嫌ですんなり山頂まで行ってしまいました。

山頂では大人の女性は「山友さん1」のガスコンロに興味があるようでした。
すぐにでも調達しそうな勢い?
子供の女性の方は「山友さん2」の無線機に興味津々。これは調達は無理でしょうか。

ごはんも食べたし、そこそこ寛いだので、下山しましょう。

孫、荒山高原下の岩場が心配だったのですが、ババに手を引かれて、難なく下ってくれました。

下山口近くの紅葉が残っていてくれて、得した気分で鍋割山ハイキングは無事終了。

その後は日帰り温泉で身を清めてから宴会へと突入したのでした。

Img_4622s Img_4624s Img_4652s Img_4659s_2

お気軽ハイクのはずの鍋割山は朝から晩まで12時間以上の大登山(正味歩行時間は計ってません)となりました。
いやはや、疲労困憊でしたが、久しぶりの賑やかな山で楽しかったです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年6月 3日 (日)

赤城・白樺牧場周辺

6月3日(日)
今日は白樺牧場周辺のヤマツツジ、レンゲツツジ目当ての散策です。

Img_3494s Img_3496s Img_3498s Img_3499s

白樺牧場のレンゲツツジは開き始め。来週でも大丈夫かな?

Img_3506s_2 Img_3510s Img_3516s Img_3526s_2 Img_3527s Img_3528s

じゃ、見晴山へ行ってみましょう。
こちらはヤマツツジからレンゲツツジへと移行がスムーズ。

Img_3531s Img_3536s Img_3538s Img_3539s_2 Img_3540s_2 Img_3546s_2

見晴山からは第2スキー場の方へ下ってみました。
笹が刈られていて気持ちの良い道です。
眼下に大沼がひょっこり現れたのが新鮮でした。
そして、クサタチバナに青空。アレレ、鹿さんもお出迎え?(動かない鹿さんでしたけど)

Img_3547s Img_3548s Img_3549s_2 Img_3555s_2 

スタート地点へはどう戻りましょうか?
「句碑めぐり遊歩道」というのがあったはず。車道歩きより風情があるでしょう。
ここを歩いたのはだいぶ前のことなのですが、添付した画像の歌だけは覚えてました。

Img_3581s Img_3593s Img_3594s Img_3599s 

「句碑めぐり遊歩道」が終わった辺りから、また、ツツジが現れました。
ここからのヤマツツジ、レンゲツツジが良かったです。

Img_3602s Img_3607s Img_3608s Img_3609s 

軽い散策で綺麗なツツジが見えて得した気分。
お昼前に家に帰ってきたら平地は暑いです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年5月31日 (木)

赤城山・小沼~銚子の伽藍~茶ノ木畑峠~小沼

5月27日(日)

昨日のオフ会の続き? 「朝香嶺」や「血の池」が気になっていたのですよ。
そこだけなら時間も掛からないのですが、結局、「銚子の伽藍~茶ノ木畑峠~小沼」と歩いてしまったのです。

予想外の行動でしたけど、ツツジは豊作、満足の山歩きでした。

Img_3287s Img_3291s Img_3294s 

「朝香嶺」は地味な場所なので、「お久しぶりです」の挨拶のみで「血の池」へと下りました。
ズミが満開でした。
その後は「関東ふれあいの道」を「軽井沢峠」方面へ。

Img_3305s Img_3331s Img_3320s 

軽井沢峠ではビックリするような満開のシロヤシオが現れました。
ここから荒山へ行こうかともちょっと思っていたのですが、「これは、牛石峠~銚子の伽藍のツツジも良いだろうな」ということになり、銚子の伽藍方面へ進みました。

Img_3356s_2 Img_3406s Img_3409s 

銚子の伽藍への下り道もシロヤシオが多かったです。
急登の先もツツジ類が綺麗。

Img_3410s_2 Img_3418s Img_3419s 

親子亀まで行ってから茶ノ木畑峠へと歩きます。
シロヤシオにトウゴクミツバツツジにヤマツツジ……綺麗です。

Img_3442s Img_3444s Img_3454s 

茶ノ木畑峠から戻ってきた小沼は昨日も綺麗、今日も綺麗(^^)

Img_3457s Img_3463s Img_3475s

来週はレンゲツツジですかねぇ?(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月28日 (月)

赤城オフ会(2018)、その2

山頂はドンヨリとして視界もなく、寒いような天気でしたが、おおぜいの人で賑わっていました。
オフ会のメンバーもそれぞれにシートを広げて寛ぎます。
お裾分けなどの分配に各シートの距離があって、微妙に疲れます(^^;
山頂は平らじゃないことに気付いてしまった。

Img_3172s_2 Img_3185s_2 Img_3186s_2 Img_3190s_2 

昼食後は小地蔵岳へ向かいます。
途中、「これはズミ? エゾノコリンゴ?」などと観察会もありました。
ウーン、よくわかりません。
その後の小沼平はツツジにズミに華やかです。
また、来なくてはいけません。

Img_3192s_2 Img_3194s_2 Img_3196s_3 Img_3199s_2 

一度、駐車場へ戻ってから、小沼一周をするらしいです。
みなさん、元気です。ま、これはお茶会も兼ねているようですから異存はありません。

Img_3202s_2 Img_3214s_2 Img_3219s_2 Img_3232s_2 

湖畔のズミが綺麗でした。そして、シロヤシオが立派。
どうカメラを向ければ良いのかまったくわかりません

Img_3255s_2 Img_3259s_2 Img_3260s_2 Img_3263s_2 

小沼水門付近でコーヒーをいただき、再度、小沼を半周してツツジ堪能のオフ会もそろそろ終了。
駐車場で名残を惜しみつつお別れしたのでした。

また、よろしくお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

赤城オフ会(2018)、その1

5月26日(土)
今年も「赤城オフ会」に誘っていただいて、ツツジを堪能してきました。

このオフ会ってネットつながりなんですね。
そのネットでHPもブログもまったくアップしていないというのは不味いですよねぇ(^^;
幹事さんにも「どうしちゃったんですかぁ?」ってオフの案内メールに書かれてしまう始末。
ウーン、不味いです(^^;

ということで、超久しぶりのブログです。

アップはどうするんでしたっけ?
ウーン、当たり年のツツジの写真はいっぱい撮ったのですよ。
これをアップしておけば、「2018年の赤城のツツジは良かったなぁ」って、後で思い出せるかも?
さ、頑張ってみよう(^^)

Img_3052s_3 Img_3065s_3 Img_3068s_3 Img_3078s_3 

小沼駐車場から湖畔脇の道を半周。その後、オトギの森へと下ります。
シロヤシオにトウゴクミツバツツジ、ヤマツツジ……当たり年ですね(^^)

Img_3081s_3 Img_3107s_3 Img_3110s_3 Img_3117s_3 

オトギの森から緩やかな登り道をグルッとツツジ観賞です。

Img_3125s_2_3 Img_3133s_2 Img_3139s_2_2 Img_3141s_2_2 

長七郎山登山口へ戻ってきて、サッ、山頂を目指しましょう。
山頂への道、ツツジが見事です。
この道をこんなにゆっくり登ったのは初めてかも?
いやはや、シロヤシオの花付きが尋常ではありません。

Img_3150s_2 Img_3151s_2 Img_3152s_2 Img_3164s_2 

こちらも山頂手前の花々。
山頂へ着いたら、花に団子で昼食かな?
ちょっとは急ごう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 5日 (月)

赤城・小沼~オトギの森~長七郎山

6月4日(日)

ツツジを眺めに赤城・小沼周辺へ。
小沼西岸のシロヤシオ、トウゴクミツバツツジはイマイチかなぁ。

Img_9401s Img_9405s Img_9409s Img_9413s

「こんな年もあるよねぇ」って言いながらオトギの森へ下ってみました。
ここのツツジ類はもっと寂しかったです。
ま、誰もいないくて新緑を静かに堪能できましたから、それはそれで良いのですが、去年との落差にビックリしました。

Img_9428s Img_9451s Img_9449s Img_9465s

オトギの森から東へ進み、分岐から藪漕ぎで長七郎山へ登ってみました。
ここのツツジは木は大きいんですが今年の花付きはちょっと寂しい感じでした。

長七郎山からは沼尻の方へ下ったのですが、長七郎山下の坂道でのトウゴクミツバツツジ、シロヤシオが一番花付きが良かったような。

Img_9473s Img_9480s Img_9487s Img_9508s

その後の小沼東岸は風が強くてツツジはチラッと眺めただけ。
シロヤシオがそこそこ咲いていました。

で、最後は小沼平。
トウゴクミツバツツジが盛り。ヤマツツジは咲き始め。レンゲツツジは蕾が多かったです。

Img_9512s Img_9517s Img_9532s Img_9541s

ツツジの開花も全部一緒というわけにはいかないですから、山歩きのタイミングもなかなか難しいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧